« プリンス智くんのひととき 10.06.19 | トップページ | にのラジオ 2010/06/20 »

2010年6月20日 (日)

美術手帖 2010.07

美術手帖 2010.07
“新作を巡る、展覧会クルーズへ!”
大野智×奈良美智
全8P。
奈良さん初挑戦の陶芸作品の展覧会。
うち、6作品ほど一緒に見ながら会話する様子が写真と共に。
どの作品にも興味津々で、奈良さんに聞きたい事がいっぱいな大野くんが、写真から伝わってきます。
ここにも書かれてますが、奈良さんと大野くんは仲のイイ師弟のよう。
奈良さんと対談するキッカケが無ければ、こんな関係になることもなかったかも・・・?と思うと。
感慨深いですねぇ。まさに一期一会。
好きなコトやモノが同じだったり、もってる感覚が自分と似てる人とは、初対面でもまるで昔からの知り合いだったかの様に話せたり。
壁を感じずスッと入っていけるんですよね。
自分でいえば、嵐さんがそのひとつですか。
ブログ始めるようになって、コメントくださった方と親しくなったり。
直接会った事があるワケでもないのに、いきなりそういう関係になれるのは、間に“嵐”さんがあるからで。
だんだん話が反れてきましたけど。
一歩踏み出して新しい事に挑戦してみたり、ものは試しで始めてみたりすると、そこにはまた新しい出会いや発見が待っていて。
踏み出さなければ得られなかったコトも沢山あり。
ブログは見る専門で、やるもんじゃないと思ってましたけど(自分なんかがデキるもんだとも思ってなかったですしね)。
今では、始めてみて良かった!と、つくづく思います。

話戻しますね。
奈良さんの作品、巨大で大掛かりなモノがメインですが。
中には小ぶりなサイズのモノもあり。
ひょうたん型のが可愛くて!
他のページに掲載されていた、黒一色でサラサラッと描いた様なカンジの絵皿がまた素敵でした。
小ぶりな作品を前に、“これぐらいの大きさから始めてみるといいかも。乾かしといてくれれば僕が焼いといてあげるよ”なんていう風な会話もありましたが。
2年後(?)辺りにまた個展が開催できたあかつきには。
陶芸作品も見れるかもしれませんね。
作品の一部になった怪物くんの耳たちと共に!

以下わたくしゴト。
これからホテル勤務時代の同期と会う予定で。
通い慣れた地・舞浜へ行って参ります♪

|

« プリンス智くんのひととき 10.06.19 | トップページ | にのラジオ 2010/06/20 »

嵐さん☆雑誌ゴト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1334582/35373383

この記事へのトラックバック一覧です: 美術手帖 2010.07:

« プリンス智くんのひととき 10.06.19 | トップページ | にのラジオ 2010/06/20 »