« にのラジオ 2010/07/19 | トップページ | 大野くんラジオ 沖縄その2 ’10/07/20 »

2010年7月19日 (月)

ASIANPOPSMAGAZINE(アジポップ)第88号

ASIANPOPSMAGAZINE(アジポップ)第88号
お疲れ様です。
お友達に教えてもらってHMVで注文してたものです。
やっけにデカイ段ボールで届いたんですが。
軽っ!
開けてビックリ。
薄っ!
なにコレ?
大変失礼ですが、“ご自由にお取りください”的な冊子と間違えてもおかしくないような・・・。
ただ違いは、1枚1枚が大変張りのある分厚い紙でして。
驚くなかれ、裏表紙合わせてたったの8枚!
少なっ!
1冊丸ゴト大野さん特集でもイイぐらいじゃな〜い。
これで490円かいっ!
コンビニ前払いで確か600円ちょい払ったんだよなぁ…。
でもまぁまぁ、これが最後の怪物くん絡みの雑誌(と呼べるのか?)ですし。
大野くんもアジアを代表する存在になられた証ってことで。
グチはこのぐらいにしときます。

大野くんはねぇ。
ちょうどド真ん中のページの左半分。
のみ…(泣)。

写真は、怪物くん記者会見の時のですね。
王子の上半身アップ写真を中心に、大野くんの表情をとらえた小さい写真が3コマ。
集合写真的なのが1コマ。
あとは、嵐さんのモンスターCDと最後の約束DVDの紹介。
記事は
“怪物くんをやると聞いた時の反応は”
“モンスターとユカイツーカイ怪物くんを歌った感想は”
の質問に対するおこたえ。
色々な雑誌で何度も目にした内容です。
それと藤子不二雄Aさんのお言葉。
“このお話を頂いた時は正直大丈夫か?と思ったけれど、大野さんに会って扮装見てびっくりしてね(笑)。
1話を観ましたが、こんな凄いのを本当に自分が書いたのかと驚いた(笑)。
“ありがとう”を覚えたシーンでは思わず泣きそうになりました(笑)”
とゆう様な内容の感想が書かれてました。
大野さん写真下に書かれてる記事。
『怪物くんこと怪物ランドの王子、怪物太郎を演じる大野智。
劇中はキレたり怒鳴ったりと、まさに百面相で怪物ぶりを大熱演中だが、会見では怪物くんとは別人の柔らかい表情と声。
オンとオフを巧みに使い分けるその“ギャップ王”ぶりにも驚かされる』

大野さんを語る上で“ギャップ”は外せないワードですよね♪

以上携帯メールより。

|

« にのラジオ 2010/07/19 | トップページ | 大野くんラジオ 沖縄その2 ’10/07/20 »

嵐さん☆雑誌ゴト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1334582/35811248

この記事へのトラックバック一覧です: ASIANPOPSMAGAZINE(アジポップ)第88号:

« にのラジオ 2010/07/19 | トップページ | 大野くんラジオ 沖縄その2 ’10/07/20 »