« TOKYO-FM〝ジャパモン〟☆松本潤ゲストの回・前半分(2016/02/21) | トップページ | 山下達郎さんラジオレポ☆サンデーソングブック・2016/02/21 復活LOVE制作裏話。 »

2016年2月26日 (金)

TOKYO-FM〝ジャパモン〟☆松本潤ゲストの回・後半分(2016/02/21)

(※小:小山薫堂さん、柴:柴田玲さん)

柴:やー実はですね

はい。

柴:去年あのージャパモンには大野さんと相葉さんにお越し。頂いたんですね

はい。

柴:でその時はあの。松本さんも御存知の、ともだちの日についての企画会議というのを開催したんですけれども。その時にですね大野さんと相葉さんは

小:えぇ。

うん。

柴:ともだちの日の企画として。それぞれ。こんな企画を提案して、下さっていたのでちょっとお聴きください。

はい。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

ほめ合うってのは

好きですけどね。

柴:あー

んー

なんか普段

言えないじゃないスか。

柴:はい。

お前のここわ

イイとこ。

うんうん。

好きだ

とか。

(スッ)けっこぉ言われたらもう

おたがい言い合うと気持ちぃもんで。

小:あぁ。

んー

うん。

そこでなんか新たに。

あぁやっぱイイなぁupお前みたいな。

柴:笑

小:あぁ。ちょっと今2人。褒め合ってみてもらえますか?

あッ

ちょっとっ(笑)

ほらぁ(笑)!

そうだね?

そういうこと言うからぁ!

はっはっはっ♪

ほらぁ

もおー。

スゴい。

こんがり焼けてカッコイイよね(笑)

てへへっ!

小、柴:笑

どしたの?

ほめてんの?

それ。

うんほめてるよ。

きょく出てきたよ今ね。

うひゃひゃひゃっ!

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

あとわ何かマラソン

大会みたいなのがこう

地域で開かれるとか。

柴:あぁ。

小:あっ、マラソン大会。

うん。

小:友達と一緒に走る

そうそうそうそう。

柴:あ~

小:あぁ、それも!

それイイかもしんない。

小:イイですね。

柴:ね。

ね、何か。

柴:タスキを繋ぐ。

うん。

小:あぁ。や、でも一緒に走ってもイイんじゃないスか?

柴:一緒に走ってもイイですね。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

柴:というお二人の。

うん。

柴:企画案でした。

面白いスね。

小:褒め合う。も面白いスね。

柴:褒め合う。

小:嵐内でこう、褒め合ったりする事あるんですか?

無いです。

小:ん、無い(笑)!

全く無いです。

小:それは、なん、なぜですか。

いや気持ち悪いから。

ふふふっ♪

小、柴:笑

なーんかやっぱ10ぅ~

6年17年とかやってるんで。

小:えぇ。

(スッ)まぁそういうカンジでもないですよね~upもう。

小さい頃から一緒だしぃ。

小:ま、兄弟みたいなかん、兄弟とはまた違う

柴:違う。

小:いとこ?

いやもう

家族ぅー

にも近いし友人にも近いし。

色んなモノが何かっ・・・

全部一緒になったのが

メンバーってカンジしますねup

小:へ~。メンバー同士でプライベートで遊びに行く事はあんま無いんですかじゃぁ。

去年かな。

小:うん。

去年あのV6の・・

20周年のコンサートにぃ

小:あー、はいはいはい。

お邪魔させて頂いて

その見させてもらったんスけどぉup

そん時の。

テンションがスゴい上がって。

小:うん。

生田斗真と僕が2人でゴハンを食べてたんスけど。

小:えぇ。

そこにみんな呼ぼうよ

みたいな話になって。

小:えぇ。

連絡したら。

小:えぇ。

メンバーみんな来て。

小:へ~っ

そん時はね

小:えぇ。

あの・・

1回家に帰って

てか

仕事終わって解散して。

集まってっていうの初めてでした。

小:へえ~~

〝地方で〟とかは全然あるんですけど。

小:はいはいはい。

東京でぇ

1回〝じゃーね〟

て別れたあとにみんなが集まるっていうのは。

初めて

だしぃ

逆に僕が!

小:えぇ。

全然誘えないので。

小:あ~、なるほど。

生田が居たんで!

小:えぇ。

それは出来たっていう

カンジですかねup

小:へ~。嵐はでもほんと仲良いですよねみんな。

うーん。

小:楽屋に居る時とかも。部室に居るみたいな感じじゃないスか?

うーん何か

家に居るのとあんまり変わんないスかねup

柴:へー。

家族で居るのと。

柴:はい。

多分変わんない

普通!

僕らが。

こないだそれこそ

生田斗真くんがぁ

その復活LOVEのぉ

プロモーションビデオ・・

小:はいはい。

に出て

くれた時に

同じ楽屋だったんスよ。

小:えぇ。

俺らは全然普段からそうだから

気になんなかったんだけど。

小:えぇ。

嵐ってさぁ

楽屋こんな静かなの?

て言われて。

小:笑

柴:はー

みんなそれぞれの別の事をやってるから。

柴:えぇ、えぇ、うん。

小:うんうんうん。

同じ空間には居るんだけど!

小:うん。

それぞれーが

本読んでたりとか音楽聴いてたりとか。

柴:はい。

ニノがゲームやってたりとかみんなそれ

まリーダーが寝てたりとかぁ。

小、柴:笑

みんなバラバラなんで。

小:笑

でもっ

お互い何か

近い距離に居るっていう事だけは認識して

感じてるけどぉ!

小:うん。

コミュニケーションはそんなに。

沢山とらないっていう。

小:うん。

柴:気にならないから。好きな事、出来てるんですよね?

うんそうですね。

柴:うーん

だから

意外と何か静かみたいですけどねup

柴:じゃぁなかなかー、他のメンバーの方が、他の現場でどう~されてるかとかは。ねぇ?知るー、機会が無い

知らないですね。

柴:だ今の、お二人のコメントーなんかも。こんな事。あ、こんな事言ってたんだ?って感じですか。

うん。

スゴい真面目にしゃべってるぅと思って。

小、柴:笑

柴:普段はね!嵐の、そういった企画とか。ライブ構成とかされてる松本さんですから。どうですか松本さんからも、ともだちの日の企画アイデア。何かあったらお聞きしてみますか?

えぇ?薫堂さんの前でですか?

小:いやいやいや(笑)

何か

僕ぅ

そのパッと思ったのは!

小:えぇ。

前にそのーワクワク學校で。

小:はい。

友達ぃを!

どんどんどんどん繋げてくと。

小:うん。

目かで

自分ところに戻って来るみたいな話あったじゃないスか。

小:はいはいはい。

みたいな事で

その友達の日にぃ

ハガキを!

誰かに渡す。

小:うん。

それを

えーとAさんがBさんに渡した

BさんがCさんに渡してっていうのをやってった時に。

(スッ)どこまでそれが

広がってってぇ

且。

もしかしたら自分ところに1周戻って来るぅ

小:あ~

みたいな事があると。

(スッ)何か面白いなー

ていう風に思ったんスけどね。

小:あ~、なるほどね?ともだちの日ハガキがこう

柴:はい。

小:作れたら面白いですね。

うん。

小:同じ。寄せ書きをしていくみたいなハガキ。

柴:あ、そこに。私読んだよっていう・・

小:えっと

柴:こう何か。書いていく。

小:そう。例えばこう、ハガキの裏面は。まぁ寄せ書き風なるとするじゃないスか。

うん。

小:じゃ表面に。

うん。

小:えー、宛名と自分の名前書くわけじゃないスか。

うん。

小:で、その宛名の部分は、こう受け取ったら自分のをピッと剥がして。また次の人の名前を書いて。こう、バトンを回して行くみたいにこう

うーん。

柴:はいはい。

小:で、今までどの流れで来てるかが分かってしまうと。ちょっと何かこう…つまんないような気がするんで。あぁ自分何番目なんだ

柴:そこ分かんないようにするんですね?

小:分かんない方が面白いかな。

柴:あー。最終的には自分の所に返って来るかもっていう。

小:うん、また戻って来たら面白い。

面白いスねー

小:えぇ。でも今~、嵐は。JPの。ねぇ?やつやってるわけですからね。

柴:はい。

はい。

小:ハガキ何か、使ってー、やったら面白いですよね。

うん。

柴:去年も!

小:ハガキは作りましたね?

はい!

小:ハガキだけは作りました。

柴:ハガキ出そうっていう。それを今度リレーして行こうっていう。新しい企画を加えると。

小:えぇ。

柴:また新たな展開があるかもしれませんね。

小:そうですね。

柴:今日何かあの松本さんへの質問沢山リスナーの。皆さんから頂いてるんですけれども。松本さん御自身から。

はい。

柴:薫堂さんに。聞いてみたい。というかまぁ質問というか。聞いてみたい事が。あったんですって。

何でぇ

そんなに食詳しいんですか。

柴:笑

小::いや別に!全然詳しくないですよ?

ホントですかぁ?

小:ホントに。もう普通に。食べてるだけですよ。

何か

グルメ貴族みたいな事

柴:爆

小:いやいやいや(笑)!

ふふふっ♪

小:その何かこうグルメ貴族っての感じ悪いじゃないですか。

いやいやそのグルメな人達ぃー

のコミニティーしかこう・・

予約が取れないような所とか多分いっぱい知ってるんだろうなっていう。

小:いやいやホントそんな事無いんですよ。僕はね全然。詳しくないんですよ。ただ!食の雑誌に。

うん。

小:あのー、食日記をずっと連載してるーんですよね?で、書いてるからぁ

柴:はい。

うん。

小:何となく食に、詳しそうに。思われる事が、あるんですけど。

柴:いやいや

小:あと書いてると。色んな人から情報が来るんですよ。

あ~なるほど。

小:あそこ良いですよとか。

柴:はい。

小:あそこ書かなきゃとか。あそこ知らないんだ?とか。こう自慢されたりするから。

なるほどなるほど。

小:あ、なるほどそこがあるんだと思って食べに行くとか。

それだからっ

貴族の皆さんの。

柴:笑

ふふっ!

小:貴族って言わない貴族って(笑)

ふはははっ!

柴:そう、きっと私達が知らないで人生を終えるんだろうなっていう。

小:はい。

柴:食事を。

小:いやそーんな事無いスよ。

柴:薫堂所長はいっぱいしてると思いますよ。

小:そんな事無いス。もうそんな

何が1番好きなんですか?

小:油揚げが好きです。

柴:あっ(笑)

ホントですか?

小:ホントに。

柴:即答。

へー。

小:おいなりさんが1番好きですね。

へー。

色んなモノ食べて。

小:えぇ。

最終的に行き着くのが油揚げ。

小:油揚げですね。

へー。

小:て言っとくとまぁほら。感じ良いじゃない。笑

柴:爆

いやいや(笑)

それがカンジ悪いっスよ!

ふふははっ🎵

小:嘘嘘ほんとに油揚げ好きなんですよ。

へ~面白い。

柴:貴族じゃないアピールですね。

あはははっ!

柴:笑

~♪ワイルドアットハート~

東京FMをキーステーションに全国JFN38局をネットしてお届けしているジャパモン。今日は嵐の松本潤さんをゲストにお迎えしていますが。この曲は。松本潤さんが主演したドラマ・ラッキーセブンの主題歌。でもありました。嵐で、ワイルドアットハート。でした。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

その〝ひらめき〟っていうのが

絶えずぅ

その

アイデアが湧き出てくるっていう事が僕やっぱスゴい事だと思っててぇ。

何かその

湧き出るようにするために・・

何かしてるルーティーンじゃないですけど

小:あぁ

何か

あります?

小:それは。湧き出るためにやってるんじゃなく。

うん。

小:好奇心を失わない事じゃないスかね。

うーん。

小:結局好奇心、から全てのアイデアは生まれると思うんですよ。

うん。

小:何か、楽しい事探さなきゃって思ってる時に。そのー何かを見て。これだけでは、おさまらないもっと楽しい事を。があるんじゃないかって思って…

うん。

小:自分の中のこう、これにプラスする。モノが…湧き出るというか?

うん。

小:食材で言うと。美味しいモノを常に探すとするじゃないスか。

うん。

小:食材に出会った時に、うわ!これ美味しそうだけどこれもっと、こういう、操作したら美味しいんじゃないかなとか。

うん。

小:こういうスパイス~で。かけると美味しくなるな。このスパイスとかソースが、アイデアなんじゃないスか?

うーん。

カッコイイなぁ。

小、柴:笑

カッコイイなぁ。

ははふふふっ♪

柴:あるままをそのまま受け取らないって事ですか。もっと!

小:もっと!

柴:もっと良くする。

小:これを良くしなきゃっと思う。

柴:あぁ。

小:ま、勝手にテコ入れとも呼ぶんですけど。

ふふっ♪

柴:勝手に、うん。

小:頼まれもしないのに

柴:はい。

小:勝手にテコ入れをする事ね。

その好奇心が続くっていう事もスゴい事だと思うしぃ。

小:いやいやぁ、嵐のステージも凄いじゃないスかねぇ?どうやったらあんなステージが出来るのかなってホント不思議ですよ。

いやぁー・・

何か運がイイんでしょうね。

小:あぁ

ははふふっ♪

小:運が良い。

うん。

(スッ)何か

別になにっていう・・

かそれもひらめきだと思うしぃ

小:うん。

何か見た時にこうしたら面白いんじゃないかって。

結局言うだけなんで僕は。

小:うーん

それを具現化するのはその一緒にやってくれてるスタッフだったりとかぁup

まぁメンバーもそうだしぃ

その表現するためにみんなで作るっていう事が。

(スッ)出来る環境がまあ

ラッキーですよねup

でもそれに興味を持って

人が来てくれるっていう環境が。

小:うーん

やっぱり何か不思議だな~って

小:うん。

思うんですよね。

柴:うーん。

何か縁がないとそうもなんないだろうし。

小:うん。

それこそ芸能人ていうかぁ

タレントというか。

アイドルだったりジャニーズ・・・

含め

ジャニーズ以外もふ

含め。

色んな人がいる中で。

何で俺らだったんだろうとか。

小:うーん

まぁだったら・・

せっかくー

何かそういうタイミングで会う。

事が出来たんだったら。

つまんないより楽しい方がイイんじゃないかなぁ

ていうカンジですかね~up

小:緊張した時の。リラックス方法ってあるんですか。

僕はもうルーティーンですね。

柴:あぁ!そうですか。

小:へー

もうだからぁ本

えっとー

本番・・・

2時間半前ぐらいからやる事が全部決まってます。

小:へぇ!

柴:へーっ

フフフッ🎵

長いんスけど。

柴:お家出る時から。

いや

えっとー

柴:行ってから。

そうですね会場入ってリハとかやって。

小:うん。

えっとー

まぁリハが早く終われば

休む時間

があるからフリータイムがあってぇup

2時間半前から。

カラダ動かし始めるとかゴハン食べるとかぁ

小:へー

シャワー浴びるとか。

全部時間決まってます。

小:へ~

柴:ふ~ん

5分以内ですかね

誤差は。

小、柴:へ~!

小:それをやると!落ち着く。

落ち着く。

何かちょっとずつ集中して。

本番に向かって行く・・

小:ふ~~ん

柴:それは何年か掛けて、その。ルーティーンを。

そうですねぇ!何か

あ、コレやったらイイやぁとか。

柴:はい。

このタイミングでコレやったら何か・・

イイ

カンジでその

ステージが

ライブ自体が。

イイカンジに出来上がるな~upって。

自分のパフォーマンスが

落ちないで。

キープ出来るやり方。

みたいなのを何かこう

ま探りながらやってるカンジですかねup

小、柴:へ~~

柴:そういうのがあるんですねー。

~BGM♪復活LOVE~

柴:今度の水曜日。えー、間もなくですね

はい。

柴:2月24日。48枚目となる。

小:凄いなぁ。

柴:ニューシングルがリリースされます。

小:凄い。

柴:作詞が竹内まりやさんで作曲が山下達郎さんというもう。もうまさにゴールデンコンビによる。

はい。

柴:シングル・復活LOVE。

はい。

復活LOVE。

小:これは。これはでもどういう

柴:はい。

小:経緯で。

柴:あー、ね?

小:こんな…贅沢な。

ホントですよねぇ?

柴:笑

あのー

2000!

13年。

だから今からぁ

2年半前ぐらいスかね。

小:えぇ、えぇ。

に。

コンサートにぃ

小:えぇ。

達郎さん夫妻が着て下さって。

柴:へぇ。

小:えぇ、えぇ。

そのライブを観に来て下さっ

たのがキッカケだったんですよね。

小:へ~

ライブ来て下さって終わって御挨拶してぇ

小:えぇ。

ありがとうございました~

ていう話をしたらぁ

達郎さんが。

小:えぇ。

ふと。

(スーッ)や~

良かったなぁつって。

あのー

こういうライブだったらぁ

俺にも・・・

何かイメージあるなぁ

みたいな事ボソッと言ったのを

小:笑

キッカケに

ホントですか?すぐ書いて下さいつって(笑)!

小、柴:笑

その場でぇ!

何か口約束みたいにみんなでぇ

小:えぇ。

ホント

お願いします!みたいな空気になったんですよ。

小:へ~

達郎さんその時笑ってらっしゃったんだけど。

小:えぇ。

そのあとに会った時に

あの話ぃ

ホントにやってくれぇ

ますかぁ?みたいな事を徐々に徐々に。

小:えぇ。

話してってっup

で結果去年の!

春ぐらいですかね。

小:えぇ。

その復活LOVEが・・

1回

デモが

達郎さんが歌って下さっ

ている状態のぉ

小:へーっ

柴:ふ~ん

仮歌が

来て!

小:えぇ。

でそれ1回歌ってみようなんて事をやりながら。

みんなで歌入れしてぇ

歌入れしたのを達郎さんが最終的にぃチェックして。

じゃぁバランスどうしようとかアレンジどうしようみたいな事

まっ

全く別の。

人が

やったアレンジのパターンとかもあって。

柴:ふ~ん。

でー何

達郎さんと連絡を取っ

て。

や、せっかくだからやっぱり達郎さん

のアレンジが

スゴい僕は素敵だと思うんで。

(スッ)あの忙しいと思うんですけどお願いしますっていう話をして。

なのに・・

そんな大巨匠に

あのスイマセン

つってアホなフリして

ここのイントロこういうカンジがイイんですけどみたいな事を(笑)!

小:はははは!あ!一応、細かく!

(スッ)いちおいちお言う!

柴:へー

小:リクエスト出したりして。

はい。

アホなフリして。

えへっ♪

小:で、達郎さんは何て言うんですかそういう時に。

とぉ!面白がってくれて

やっぱりそのなかなかそんな事言われないってのもあるのかもしんないし

ま、本人としては!

そのー

こういう風にってリクエストがあった方が。

なるほどって思う所ももちろんあって

そこはスゴい

何か。

あの・・

嫌々という事も無く。

全然

あの

当たり前の事というか。

楽しんでやって下さってましたねup

小:へー。こないだ僕あの達郎さんのコンサートへ行ったんですよ。

はい。

小:それでー、そのあとに。嵐を聴いて。嵐のあの新曲~、そうですよねぇ?とかっつって。あれ楽しみにしてるんですよって言ったら。いや~、ホントは~、何かアレンジは別の人に頼みたかったんだけど、彼らがどうしても僕にって言うんだよ。ていう風に。

えぇ。

小:嬉しそうに。

そうです。

1番最初に聴いた時は。

あ、こういうカンジなんだ。

ていう

何か意外性がスゴい強かったんですけどぉ

そのまりやさんの詞もそうなんですけど。

スゴい

何か

新しいとかっていう事よりもちょっと!

昔が匂っているっていう事だったり

その中に!

今自分達が歌う事によって

今っぽさが出るとか。

小:うーん

そういう事もぉ

何かこう計算した上で

今の嵐に。

こういう歌詞を

歌って欲しいっていうまりやさんの思いだったり。

こういう音

が!

嵐には合うんじゃないかっていう達郎さんのイメージが。

スゴい何か詰まっている・・・

込められているなぁ

ていう事を

聴けば聴くほど思うので。

ま普段から大好きな

アーティストの

お二人に。

そこまで何か自分達の事考えて

頂いて。

1つの作品を作って頂けたっていうのは何か幸せだなぁ

て思いますね。

小:うん。

何かその曲を作るって言って最初達郎さんがっ

小:えぇ。

まず曲書くって曲先~

らしいのでぇ

柴:あ~

曲作っているっていう中で!

何かねまりやさんが。

やって下さるって話になったんですよねup

小:へ~

したらそのまりやさんの。

中のイメージとしては!

さっき言ったようなその・・

ちょっと昔っぽい。

小:うん。

とか。

少し湿っぽいみたいな事がぁ

今までの嵐には無いしそういう曲が歌える

ていう事が何か。

今の嵐にはイイんじゃないか

ていう事を。

おっしゃって頂いて。

小:ふーん。

柴:どうですかもうお時間が近付いてきたんですけれども。言い残した事は。無いですか所長からは。

小:え、僕からですか?

柴:はい(笑)

小:もし。

はい。

小:松本さんは東京生まれですよね。

はい。

小:もし東京でなかったとしたら。

柴:笑

えっ?

ふっふっ♪

小:笑

生まれがって事ですか?

小:生まれが!東京でもし、神様が。現れたらですよ?

なるほどなるほど。

小:もう1度。どこかふるさとを君に与えようと言われたら?

んーーーーー

長野。

小:長野。へ~。それはなぜですか?

キレーな山

水。

小:えぇ。

蕎麦。

小:えぇ。

が何かパッと浮かんだっていう

小:へ~。意外。

柴:イコールお好きな場所。ていう…長野。

普段行く

スゴい行くっていうワケではないんですけど。

小:えぇ。

何か

パッと浮かんだのが。

長野でした。

小:やっぱり盆栽やってる方だから、僕は川、川越じゃなくて埼玉のどっかありますよね(笑)

んふふっ!

小:あっちの方に行くのかなと思ったら。

柴:あ、まさに世界盆栽大会はさいたま市で。

小:あ、さいたま市で。

柴:はい。4年に1度開催されるワールドカップ。

小:へ~

柴:来年。今年。2017年ですね?

17年。

小:来年ですね。

はい。

柴:来年4月27日から30日まで行われるそうです。

へー。

小:へ~、そうですか。

柴:これからの夢とすると、でも近い所のゆっ

う~~んそうですねぇ!

何かあんまり夢っ・・

てぇ・・・

好きじゃなーい

ので目標みたいな事しか考えないですけどぉ。

柴:うん。

何か夢って叶わないカンジしないですか?

柴:夢って言っちゃうと?

小:あぁ。

そうそう。

小:でもね夢は。

柴:はい。

小:叶ってしまうと。面白くないんですよね。

うん。

小:夢で無くなった瞬間に

うんうん。

小:叶った瞬間に夢では無くなるから。だから叶わないからいんじゃないスか?夢は。

なるほど。

だから僕は何か

あんまり・・

夢が好きじゃないかもしれないス

小:なるほど。

叶わない事が好きじゃない。

小:好きじゃない。叶えたい。

叶えたい

実現したい

ていう願望が強いからぁ・・

ていう事で言うとまぁホントに。

1個1個やってく事になってしまうから。

小:うん。

(スーッ)9年振りにぃ

アリーナでぇ・・

コンサートを今年4月からやらせてもらうんで。

小:えぇ。

(スッ)まぁ目下今それを作っている最中っていうカンジですかねup

小:セットリストは誰が決めるんですか。

みんなで決めますけど叩きっていうかイメージは作っていきます。

小:自分で作って。

はい。

小:やっぱり、松本潤さんが作って。それ皆さんに見せて。

そうですね。

小:これどうしようか。

で、どうしようかって話して行くカンジですかねup

小:へ~。シングルだけでも48曲あって。

や、そうなんですよ。

小:大変ですよねっ、曲。選曲。

大変ですねぇー

やっぱ好みってぇ・・・

あるしぃ。

小:うん。メンバーによってっ、あの歌好きとか

あると思いますねぇ。

小:ありますよねぇ?

そうどっかで何かこう自分でやんない事も。

あった方がイイな~

て思ってはいるんですけどね。

小:うん。

何か似通っちゃうしぃ

テーマぁみたいなのを作ったところで

作ってる人が一緒だから。

何か似るだろうな~って思う時はあるんですけど。

それは何か

いつか。

他のメンバーがやるコンサートみたいのを。

小:うん。

僕は見てみたいしそれをやってみたいなー

ていう風に思いますけどねっup

小:へぇ。それ提案したらどうなるんですか?

みんな黙りますね。

小。柴:爆

え?マジ?

みたいなカンジになります。

現状は(笑)。

小:現状は(笑)

ちょっとずつ言ってってるんですけど。

小、柴:笑

柴:ではその48枚目となるニューシングルを聴きながらのお別れとなりますので。

はい。

柴:えー、せっかくですので松本さん。御自身から御紹介お願いできますか?

はい。

えー2月24日リリースとなります!

えー達郎さん

そしてー

まりやさんに作って頂いた。

ちょっと!

懐かしいカンジの。

する曲ですが。

えー今の僕らに

合った

新しい。

嵐が

詰まった曲になってると思うんで。

是非。

楽しんで

お聴き下さい。

嵐で。

復活LOVE。

~♪~

柴:今日のお客様、嵐の松本潤さんでした。どうもありがとうございました~

ありがとうございましたぁ。

小:ありがとうございました。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

小:東京FMをキーステーションにJFN38局をネットしてお送りしてきましたジャパモン。そろそろお別れの、お時間です。

柴:今日は松本潤さんを、お迎えして!お送りしてきました。

小:はい。企画~

柴:企画ーの。

小:ホント企画者って感じがしますね。

柴:ね~

小:クリエーターですね。

柴:あぁそうですか薫堂さんから。ご覧なっても。

小:はい。

柴:嵐じゃなかったら(笑)。もう…事務所一緒に。

小:やぁ!事務所~、いたらイイですねぇ!(笑)

柴:笑

小:いや嵐!やっ、やったままでもうちの事務所入ってくれたら。クリエーターとして入ってくれたら凄いイイですね。

柴:凄いですかぁ、もう、所長からご覧なっても。

小:いやホント素晴らしいと思いますよ。

柴:ね~

小:えぇ。

柴:やっぱ愛が凄く。ね、嵐。嵐愛というか。

小:はい。

柴:凄い…感じますけどね。

小:そうですね。

柴:うーん。ワクワク學校もまた、楽しみですね。

小:そうですね。

柴:はい。

小:もう、あと、何ヶ月ですかね。まぁ例年よりも早く準備してますからね(笑)

柴:あぁ、そうなんですね?

小:毎っ年こうギリギリまで。

柴:はい。

小:悩むんでもっとー、余裕を持ってって事で。

柴:はい。

小:今年は。ちょっと早めに。去年から始めました。

柴:あ、そうなんですね是非皆さんも楽しみに。していらして下さい。

~番組へお便り募集、宛先案内~

柴:さて。午後2時からは。この嵐の復活LOVEを作曲された山下達郎さんのサンデーソングブック。番組があります。レコーディング秘話とか。達郎さんの口からも、聞かせて頂けるんでしょうかね。

小:そうですねぇ、また、ね。作った側の意見も聞いてみたいですよね。

柴:はい。

小:はい。

柴:どうぞ。お楽しみに。今日は!そろそろ、ここで、お別れのお時間です。この後も素敵な日曜日を、お過ごし下さい。ジャパモンここまでのお相手は

小:今度、松本潤さんを、ある、中華料理店に連れて行こうと思ってる小山薫堂と。

柴:薫堂さんの好きな、油揚げ。おいなりさんがとっても気になっている、柴田玲でした。

|

« TOKYO-FM〝ジャパモン〟☆松本潤ゲストの回・前半分(2016/02/21) | トップページ | 山下達郎さんラジオレポ☆サンデーソングブック・2016/02/21 復活LOVE制作裏話。 »

嵐さん絡み☆テレビ・ラジオレポ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TOKYO-FM〝ジャパモン〟☆松本潤ゲストの回・前半分(2016/02/21) | トップページ | 山下達郎さんラジオレポ☆サンデーソングブック・2016/02/21 復活LOVE制作裏話。 »