« ニノちゃんラジオレポ☆ベイストーム・2017/10/08 リスナーフェス第4夜。結成記念日の9月15日はPV撮影。ニューアルバムの収録。アイドル誌の嵐。 | トップページ | ナラタージュ公開記念特別番組☆松本潤の回想録・第2夜(2017/10/13) 松本潤✖行定勲監督 »

2017年10月 9日 (月)

ナラタージュ公開記念特別番組☆松本潤の回想録・第1夜(2017/10/06) 松本潤✖行定勲監督

〝きみ

演劇部にさ

入ってみない?〟

先生?

わたしには

あなたでした。

居場所の無かったわたしを救ってくれたのは

あなただったんです。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

~松本潤の回想録~

こんばんは。

嵐の松本潤です。

この番組は

明日

10月7日から公開される

映画・ナラタージュの公開記念

〝松本潤の回想録〟と題しまして

3週に渡りお届けします。

毎回ゲストの方をお招きし

映画の裏側はもちろん

ゲストの方の

ナラタージュ。

つまり

回想録を

伺っていきたいと。

思っています。

久し振りにこう

ラジオで。

声を

届けるという事を

やらせて頂けて

何か

嬉しいですねっ。

それこそデビュー当時ですかね。

東京FMさんで

ラジオやらせて頂いて。

それとかをちょっと思い出しますね。

この時間なんで

ゆったりしゃべって

いけたらイイなと

いう風に思っていますっ。

では

ここで1曲聴いて頂いてから

今日のゲスト

映画・ナラタージュの

行定勲監督に御登場頂きますっ。

東京FMをキーステーションに

全国38局をネットしてお送りする

松本潤の

回想録。

お届けするのは

映画・ナラタージュの主題歌

アデュー。

ナラタージュ。

~♪~

さぁそれでは

ゲストを御紹介します!

映画・ナラタージュのっ

行定勲監督です!

よろしくお願いしますっ。

よろしくお願いしまーす。

渋く入りましたね。

声が出なかっただけです。

ふははっはーは♪

何か・・

ラジオでこうやって

2人でしゃべるっていうのも。

ね。

イイすね。

そうですね。

うん

僕はラジオ

大好きなんですよ。

そうですよね御自身でもやられてますよね。

やってます。

もう月1回生放送で熊本でね?

うん

ラジオ、いいですよねでもね。

何かこう独特ぅーの

モノがありますよねテレビとか雑誌とかぁ

他のメディアには無い

ね。

モノがありますね。

さっきやっぱりアレだね

やっぱ嵐の松本潤、が。

〝声を届ける〟っていう。

俺そういう気持ちでラジオやった事無いから

ふっはははっはっ♪

価値のある人間は〝声を届ける〟って言うんだな。

いやいやいやいや(笑)

俺も今度から言お

声を届ける。

はははははっ♪

良い言葉だと思いました。

さぁという事で

いよいよ。

映画・ナラタージュ明日!

公開です。

はい。

どうですか。

来ましたね

ここまで。

そうですねー

僕これ

最初にこのナラタージュっていう原作を

小説をね?

映画化しようと思ったの12年前なんスよ。

12年前。

そう言うと凄い何か・・

超大作みたいに聴こえるかもしんないけど

結局ねそれ理由があるんだよね?

こう、絶対に。

で今回は

もう間違なく・・

松本君がいて。

有村架純、が。

こう〝やる〟っていうとこからやっと動き出したから

うーん

ていう事はこの2人がぁ

に出会うまでの12年間。

このタイミングしか有り得ない。

・・・

何か

縁がありますねぇ

縁があります。

そう言って頂けるとね。

かつて1回

飲みの席で

はい

僕達は

はい

会ってこのー

番組を作ってるプロデューサー達も

そこに居たんですけど(笑)

そうスね。

ご縁がありますねぇ(笑)

これまた。

そうなんですよ。

でもその時にぃ

あっ!

松本潤てこういう人間なんだと思ってぇ

うん

やっぱそれがスタートだったからぁ

うん

やっぱ感慨深いなーと思ってぇ

でそれも!

キャスティングしてる時は

はい

松本潤て最初に

自分の中には無いワケ。

うん

プライベートで会ってる

はい

松潤、が

どんな人間であるかって事の印象が強かったんだよね。

うん

でも何か

プロデューサーの小川さん、から

松潤はどうかなって言われた時に

んっ?!て。

なったワケね?

で脚本家ぁのー堀泉ぃが横に居て。

はい

良いじゃないですか。

あ、それ凄い良いって

2人で盛り上がってるんですよプロデューサーと。

はい(笑)

で僕はちょっと置いてけぼりになりながら

うん

僕は実際知ってる松本潤をこう回想してるんだよね

うん

どうだったかなーって。

ただ、色々話を聞いてると2人の

何で良いって言ってるのか。

うん

あっ、腑に落ちるんですよ全部。

へー

で僕もどんどん腑に落ちてって

さてこうやってくれるかどうかだからねそれ以前にっていう(笑)

ところがスタートだったからぁ・・

うーんでもとにかくじゃぁ

口説き落とさないとと。

思ってました。

いやいやもう

そういう意味ではぁ

最初に

こう台本読ん・・

で脚本読ましてもらって順次こーお

(スー)ま、読んでも

8割方

こう泉の情報なんですよね?

うん

でぇ

その僕が演じる葉山先生の

僕1番しゃべってる台詞

〝ごめん〟ですから。

ふふっ♪

ほんとにこう

自分の気持ちを

伝える台詞っていうのが

すごい少ないんですよね?

なので

(スッ)本読んだ時点で

どうしたらイイのかが

どういう作品にしたい

と思ってらっしゃるのかもそうだし

葉山っていう人をどういう風に描くのかがその

脚本だけだとやっぱり見えなくて。

(スー)実際その

行定さんと

小川っ

さんに。

会って。

話を

聞きたいなぁと思って

行ったワケですよ。

んでそこに行ったらぁ

もお・・・

やっぱすごいなと思いました。

うん

演出家っていうのは

もうそっから演出するんだっていうね?

もう

最初に行って

話をした時点で

まぁ先ほど言ってたどう口説き落とそうかという事を

見せずに

口説き落とすっ

感じは

もの凄い伝わってくるワケですよ。

ははっ♪

その中で

(スッ)うん・・・

コレは

どういう風に・・

何かなるかなぁ?って事をすごい

頭ん中で

考えながら。

でもその

お2人が

話してくださった

この映画をぉ

ま泉目線で

描くんだけど

全て

こう双方向で描かないで

葉山がどういう人かっていうのを想像させながら見せてくモノにしたいんだっていう話を聞いた時

(スーッ)あ、コレは自分が今までやった事・・

無い表現だと思うし

出来たら面白いなという風に思ったのを

今思い出しますねup

結局・・・は

今まで多分あんまり。

見せなかったのか

うん

まぁそういう機会が無かった。

ような。

松本潤演じる葉山先生が(笑)

まぁもう

ま他にはもういないだろうなって感じ?(笑)

いやぁ・・・

になりましたね。

凄いコメント頂いて

非常に

気まずいです。

ははんっ♪

何で(笑)

映画の見所もちろんなんですが

行定さんの

好きな音楽とか

映画とか

カルチャーとか。

ま、行定

勲。

さんを

掘り下げて

いきたいと

思って

いるので。

はい

監督

映画どれぐらい観るんですか年間。

あんまり映画は観ないですね

どっちかと言えば部隊の方が観てるかな~

あぁそうっスね?

舞台も演出されてますもんね。

えぇ

映画監督になろうと思ったキッカケって映画にあるの?

ありますね。

観たんじゃなくて

うん

現場を見たの。

え?

熊本城で

黒澤明がぁ

はい

影武者を

はい

撮りに撮影来たんですよ。

うん

で熊本城に

やじ馬で行ったのね。

うん

で、入れるワケないじゃない立ち入り禁止で。

うん

俺小学校5年生だったからぁ

親父に行けって言われて

こう・・

うん

立ち入り禁止の中ひょろひょろ入って行ったワケ(笑)

はい

したらやっぱりさ

映画の現場ってやっぱり

子どもが見たら多分

戦場の様な

うーん

もう大人たちがうごめいてて

それを見て

何かねジーパン穿いたオッサン達がぁ

甲冑を汚してたのね?一生懸命こう

うん

エキストラだったんだけど

顔汚して。

うん

何やってんだろう?と思いながら

タイムスリップした様な気持ち

うーん

なった時にぃ

制作部に追い出されたワケ。

でぇ完成したモノを観た時に

うん

すーごいリアルだったのね?映画。

うん

で・・・

あれっ?!

あの人達・・

スゲーなって思ったの。

うん

て事はあの人達

沢山いたからぁ

俺もあの1人にはなれんじゃないかって(笑)

思ったっていうのが・・

それいくつぐらいですか?

5年生10歳。

へぇ

うん

だもうそれからもう・・

あっ、映画の現場を見てる俺は

うん

もう何か他の

子ども達より俺は映画を知ってるみたいな気持ちに

うん

それから映画

観に行く度に

最後のこう

エンドロールがあるでしょ?

はい

エンドロールを

ものすごくねメモってたの。

へーーup

面白い!

人の名前を。

エンドロールマニアですよね。

うん

ま、それが・・・

あったのと

うん

高校生の頃に

3本の映画に出会って。

うん

台風クラブ。

ていう

相米慎二監督の映画と

うん

神代辰巳監督の

恋文。

と。

あと森田芳光監督の

の・ようなもの。

誰かが

特集上映で

1日に3本。

うん

見せるっていう企画があって。

へぇup

まぁ僕らの世代はスターウォーズ世代だから

なるほど

やっぱ外国の映画の方が派手で

凄い金がかかってて良いんだよ!

うん

みたいなのなんだけど

いやいや違う違うと。

こういう

うん

日本映画の

こう地道なね?

日常感が良いんだよ(笑)っていうのが

何か

その3本があったからかなー

うん

映画監督になりたいと思ったのはそれかもしんないスねー。

うーん

それが高校生の頃?

高校生の頃ですね。

結構観返したりしますぅ?

同じ作品。

観ます観ます。

あの繰り返し観てるのは

あの今回の映画の中にですね

ちょっと登場するんですけど

成瀬巳喜男の浮雲。

浮雲。

架純ちゃんがね?

あの演じる

えっとー

泉が。

あの1人で

名画座で観てる

うん

成瀬特集の中の浮雲っていうね?

アレ僕も

その始まる前にぃ

うん

浮雲観てっ

てぇ

監督に。

その言ってもらって

観たんですけど。

うん

何か今回そのー

ナラタージュと

浮雲って

うん

監督の中でこう

結びついてるとこあります?

まぁね

どうしょうもなさぁ

かなup

うん

なにか解決するワケでもないしぃ

うん

それぞれの問題じゃない?

うん

世の中に起こってる

事もそうだと思うんだけど

それを

あんな風にずーっと綴ってるだけでこんなに

魅了されるもんなんだな

あと役者の演技で魅了してる。

うん

ていう事なのね?そういう事って。

日常の中にあるからぁ

恋愛映画って結構軽視されるんですよ。

うん

歴史から言っても。

ずるさだとか人間の。

うん

でも皆それ経験してるのに

それをやる事の方が俺役者難しいと思うのね?

うん

それを決定付けたのが多分浮雲だと思うの。

うん

浮雲はやっぱり

恋愛、劇なのに評価もされてるっていうのが

うん

あんなにどうしようもない

2人の話なんだけど(笑)

そうですね~

だけどこの駄目さが

何か人間の気持ちを

こう捉えて離さないというのが

やっぱ人間そういうとこあんだろなーup

ていう。

うん

ナラタージュはそういうところを

描きたいと

うん

思ったんで。

まぁある種ニヒルな森雅之

を、ね?

とは

松本君はちょっと

タイプは違うかもしれないけど

うん

でも何かどっかで

ハッキリしないところっていうか(笑)

そうですね

どうしたいの?

ていう(笑)

そういうところは繋がってるかなーと思って浮雲とか観てたら

気分かもねっていう

うん

つもりでしたね。

55年かなんかの作品スよね。

そうですそうです。

いやハッとする瞬間すごいありましたねー

うん

あの作品自体。

(スッ)音楽って・・

うん

普段どういうの聴くんですか?

クラッシックも聴くけどロックが多い。

と思いますねぇ。

今回ね

あのー

1曲目に

かけましたけど

そのアデューですか。

あの

ラッドの

野田くんが。

うん

書いてくれてますけど。

彼は

多分ラブソングとか書くと上手いだろうな~

とも思ったしぃ

そうですね。

うん

見事な。

見事な。

やっぱ仕事というか

曲を書いてくれたなぁと思いますけどね。

何か映画

の中ではほんとに最後の最後に

あの曲が・・

背中押してくれる感じというかね

うん

救われる感じがありますよね。

ま、日常に繋げていってくれるみたいなね?

うん

観客がね?

うん

この映画っていう世界から

こう

終わって解き放たれて。

まぁ

最後出て行く時にあの曲を引きずって。

うん

日常にまた戻って行くと

何か

そんな悪いもんでもないというね?

そうですね。

何かあんまり・・・

すごい報われる恋愛の話ではないかもしれないけどぉ

うん

意外と人生の中でこういう事って悪いもんじゃないなっていう事を

思わしてくれる・・・

ていうのはやっぱり凄いなーと思いましたけどねー

彼が。

そうですね~up

初めて買ったレコードとか覚えてますか?

俺ねぇ(笑)

伊藤つかさっていうアイドルがいたんですよ。

はい

のぉ

少女人形っていうね?

うん

EP版を。

はい

買いました。

最初に

自分のお金で。

全然存じ上げないんスけどぉ

あっ、知らないですか。

同じくアイドルだったんスね?

はい

松本君と同じく

ある意味アイドルだったの。

うん

歌手デビューするって

うん

うんそのEP版買ってくるじゃないスか

うん

でももう声は聴いた事ないワケ。

うん

レコードかけて

はい

針を落としたら

声がね・・・

こう低いんですよ。

うん

にんぎょおっと♪にんぎょおっと♪

うん

こんな声なんですよ。

うん

愕然としてぇ

ふふふあはぁはっ!

もうね

泣きそうになって!

要するに単純に言うと

回転スピードも間違えてたって(笑)

ふふふあはぁはっはっ♪

そっか

回転数違うから

音が違うんですね。

音が低いの。

低くなっちゃって。

低くなっちゃうんだよ

ゆっくりになってるから。

それはもう愕然として。

ふはははっ♪

落ち込んだっていうね。

それが最初に買った

レコードなんスね。

そう。

でもその曲じゃないんだよね。

ふふっ!

その曲は!

その曲じゃないんだよね?

その曲聴く

聴きたくなっただろうけどね。

ではここで

えー行定さんに

リスナーに届けたい1曲

御紹介頂きたいんですが!

どんな曲でしょうか。

荒井由実で

はい

雨の街を

ていうですね

雨の街を。

イメージしてたんですね?

うん

この曲を

あるまぁ僕の中でキーシーンなんですけど

うん

真ん中ぐらいで映画の真ん中ぐらいで。

葉山先生が

彼女を呼び出すシーンがあって。

でそのー

雨の中彼女は

傘をさして・・

先生のもとに来るんだけど

うん

その時に

カーラジオから

古い

歌謡曲が流れる。

ていう

シナリオにはなってて。

うん

何かけようかなと

ユーミンだと思ったんですね。

うん

で雨の街を

買ってたりすると。

どうだろうと。

結果的にはぁ

やっぱ雨の音と

2人の緊張感。

とナレーションで

うん

曲はかからなくなったんです。

うん

劇中では。

ただ

この曲はでも僕の中で凄く流れてて

あの現場の中では。

うん

凄く

イメージが・・

自分の中で固まって行ったっていう

結構影響を受けた

うーん

曲ですね。

では

早速聴いて頂きましょう

えー荒井由実さんで

雨の街を。

~♪~

東京FMを

キーステーションに

全国

38曲をネットして

お届けしてきた

映画・ナラタージュ公開記念

松本潤の

回想録。

えー

いよいよですねっ

明日

公開されますね

そうスねぇ

これがヒットしなかったらもう僕はヒット作は作れないと。

あ!

凄い。

凄いこと言いましたよ?

と思うぐらいの(笑)

思いでぇ

これはほんとに届ーくと

いいなぁと。

うん

届いて欲しいなと。

思ってる

映画です。

こういう

恋愛映画

最近なかったなぁって。

僕は思いますし。

コレが何かこう

(スッ)色んな人に

届くとイイっスね。

映画・ナラタージュ公開記念

松本潤の

回想録は

3週に渡ってお届けします。

来週

えー13日も

行定監督と一緒にお届けさせて頂きましてっ

その次の週ですね

えー10月

20日は。

ヒロイン

有村架純さんを

お迎えして

有村さんの

ナラタージュを伺っていきたいと思っています!

という事で

来週も同じ時間に

行定さんと(笑)

お送りさして頂きたいと思いますんで。

是非

えー聴いて頂けたらと思います!

という事でっ

えーここまでのお相手はっ

嵐の松本潤と

行定勲でした。

おやすみなさい。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

 

|

« ニノちゃんラジオレポ☆ベイストーム・2017/10/08 リスナーフェス第4夜。結成記念日の9月15日はPV撮影。ニューアルバムの収録。アイドル誌の嵐。 | トップページ | ナラタージュ公開記念特別番組☆松本潤の回想録・第2夜(2017/10/13) 松本潤✖行定勲監督 »

嵐さん絡み☆テレビ・ラジオレポ」カテゴリの記事

コメント

はなこさんお疲れ様です!
✉ありがとうございます♪

文字越し
喜んで頂けて良かったです~
久し振りにレポ出来て嬉しかったな♡

ナラタージュ✨
ビューイング2回なんてイイですねぇ♡
初日からどっぷりですね(*´ェ`*)
私は明日
いつものトリオで観に行って来ます!
ドキがムネムネ♡
明日に備えて早く寝まーす!


投稿: はなこさんへ☘ | 2017年10月11日 (水) 16時08分

あんこさん、潤くんのラジオのレポ、ありがとうございました(*^o^*)生でも聴けたのですが、録音できないので、文字起こしされてて、嬉しかったです。
初日のビューイングを二回とも観るという贅沢をし、一日ナラタージュに浸りました。観るたびに感じるところが変わる、やばい映画となってます。潤友さん、それぞれが、昔の恋を思い出して、無口になってました(^。^)
また、あんこさんの感想もお聞かせくださいね。

投稿: はなこ | 2017年10月10日 (火) 01時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1334582/71924021

この記事へのトラックバック一覧です: ナラタージュ公開記念特別番組☆松本潤の回想録・第1夜(2017/10/06) 松本潤✖行定勲監督:

« ニノちゃんラジオレポ☆ベイストーム・2017/10/08 リスナーフェス第4夜。結成記念日の9月15日はPV撮影。ニューアルバムの収録。アイドル誌の嵐。 | トップページ | ナラタージュ公開記念特別番組☆松本潤の回想録・第2夜(2017/10/13) 松本潤✖行定勲監督 »